アクトレス矯正ほか、審美歯科のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付

子供の歯列矯正治療

矯正歯科にかかるの子供が何歳になってからが良いか?





歯列矯正治療を行う人の数は、矯正歯科が全国で増えてきていることも影響して子供から大人まで全年齢層で増加傾向にあるようです。歯科衛生士さんの数が足りず、常に求人を出している施設も見られるほどです。歯の健康はQOLにもかかわりますので、非常に良い流れであることは疑えないでしょう。さて、矯正治療についてお子さんを持つ親御さんが知りたいのは、矯正歯科などには子供の場合何歳くらいからかかるのが良いのかでしょう。


歯列矯正に対するサイトや歯科医院のHPを参考にしても、歯列矯正治療を、器具を使用して始めるのはお子様が何歳のときが良いのかは意見が分かれているようです。すべて永久歯になるまで矯正器具を使った治療などするな!と主張するところもあったりします。極端な話はさておき、確かに乳歯→永久歯の生え変わりは治療上どうしても問題になるところではあります。


永久歯が生える前までの子供では、第一期治療と呼ばれるにあごの形自体を整えたり、歯間を広げることで永久歯が良い方向・位置に生えてくるように導いたりという治療が行われ、永久歯が生えてきた後で第二期治療と呼ばれる矯正器具を使っての歯列矯正を行うのがスタンダードなようです。


いずれにしても多くの医師があごの骨格が決まって前歯が出てくる7歳前後を目安に、一回歯科に言って状態をチェックしてもらうよう勧めています。そこで歯列矯正の必要性や将来治療の必要のある部分がある程度わかるようです。
矯正歯科などへは、子供が7歳になったら行くようにする。というのが一応の目安になるようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40372725
この記事へのトラックバック
子供 歯科について
子供の成長子供にお金をかけることは全然惜しくないですよね別に我が家はお金持ちでは無いですが、自分の着るものを買わなくても、子供のものは買ってしまう・・こんなに子供ってかわいいものだと思いませんでした。..
ブログ名子供の成長に関する心配


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。