アクトレス矯正ほか、審美歯科のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付

歯列矯正治療

歯列矯正の京都での料金

歯並びを良くするための歯列矯正、例えば京都の歯科での料金はどれくらいになっているの?と聞かれたらどんな風にお答えできるでしょうか。


この答えはなかなか難しいものがあります。歯列矯正はまず、その対象年齢や治療法で料金が変わってきます。子供歯列矯正でも混合歯列期と完全に永久歯になった後ではかなり金額が変わります。最近ではいままでに無かった器具での治療が誕生し、その器具によっても治療代が大きく変わってきます。ですから、大まかに捉えてこれくらいですよ、とは言えないのです。また、治療器具や対象年齢を定めたとしても、その条件の歯列矯正なら京都ではこれくらいの料金でできますよ!とは言えません。それは、矯正治療が自由診療に当たるからです。その料金は歯科医によって個別に決められ、それは京都においても同じです。初診料金の有無や歯科衛生士による歯磨き指導料など、細かい部分でも料金が異なってきます。


それでも歯列矯正の京都での料金を知りたいなら、「治療費.com」というHPが参考になります。そこに載っている数字を見る限りでは全体的に少し高いと言う印象を受けます。

歯列矯正治療

歯科矯正の料金、札幌では





歯科矯正の料金は自由診療ですので、地域差と言うよりは個人(医院)差と言うのが正しいかもしれませんが、ここでは札幌の歯科歯科矯正を行った場合の料金をご紹介しようと思います。札幌に住んでいる方は一つまみぐらいの参考になれば、と思います。


歯科矯正と言っても子供のもの、大人になってからのもの、部分矯正など条件の違いがありますので、ここでは対象を絞って成人の歯科矯正の料金を紹介したいと思います。まずは札幌にあるのに名前がBAY東京歯科クリニックと言う名前の歯医者さん。ある治療費紹介サイトでは矯正費用は35万からとなっており、これは全国的に見ても割安であると言えます。次に紹介するのはその名もさっぽろ矯正歯科クリニック。こちらはホームページでかなり詳しく矯正金額を書いています。一般的なメタルブラケットでの治療で、基本治療費は42万と、やはりこちらも平均より安い数字と言えます。


歯科矯正の料金は、札幌市の歯科では、値段が見られるところを見てみると全体的に安いといえそうです。もちろん、数字だけでは設備の問題、歯科医師や歯科衛生士の数、最新治療が受けられるかなどが分かりかねますので、他の地域と比べてどうこうというのは当然早計なのですが、ひとつの傾向として見てもらえれば参考にしてもらえるかもしれません。

歯列矯正治療

低料金で矯正ができる歯科:兵庫編





低料金で、歯列矯正歯科で行うことができたらやはり、嬉しいと言わないわけにはいきません。兵庫県で低料金で矯正治療を行っている歯科はあるのかな?と思ったときに、調べる方法はあるのでしょうか?
例えば、「治療費.com」というインターネットのサイトで、兵庫県の歯科矯正料金をある程度調べることは可能です。


治療費.com」では色々な治療費を地域別に調べることができ、矯正に関しては子供矯正(混合歯列期)・成人矯正・1歯・舌側矯正というカテゴリー別に治療費が見られます。


兵庫県で成人矯正治療費を上記のサイトで見てみると、63万円から84万円まで、数種類の歯医者のデータがあります。毎月の調整費や診断費、歯科衛生士による歯磨き指導代などもあってこのデータだけでは総合的な判断は下せないのですが、低料金で歯列矯正を行える歯科に行きたいと思えば、兵庫では先に挙げた63万円の治療費の歯科に行けば、おおむね間違いないとはいえるのではないでしょうか。

歯列矯正治療

低料金でできる歯列矯正





歯並びで悩んでいる人は少なくないと思います。命に関わる部分ではないので、出来れば低料金で歯科での歯列矯正をやってもらいたいというのが多くの人の意見ではないでしょうか?医療技術が進んだ現在では、低料金で出来る歯科矯正も登場しています。


例えば歯並びを悪くしている原因の歯が、1〜数本であれば、部分矯正という手があります。こちらは該当する歯だけに装置をつけて矯正を行う方法で、料金体系が多くの場合{一定金額}×該当する歯の本数になるので、歯の全体で矯正を行うよりも割安の場合がほとんどになります。ただし、難易度の高い歯列矯正にはこの方法は使えません。


取り外しの出来るマウスピース型の矯正器具で歯列矯正を行う方法も、最近広まっています。見栄えの面で非常に重宝されており、器具装着をいやがる子供にもおすすめできる治療法です。しかし、こちらも難易度の高いものには使えません。


こういった治療は特に歯列矯正などの矯正治療に特化した矯正歯科で行われていることが多いです。歯科衛生士さんや歯科助手さんも矯正の専門知識を持って対応してくれると思いますので、どちらかといえば矯正歯科に行ってこれらの治療をするのが良いでしょう。

歯列矯正治療

最新治療機器で行う歯列矯正





どうせなら最新の治療歯列矯正を行いたいと思っている人も多いことと思います。時代も変わったもので、今は最新の治療器具を使ってワイヤーを使わない矯正が出来るのです。


その最新の矯正治療器具は、クリアライナーなどと呼ばれています。クリアライナーはマウスピース状の透明な器具を装着することでゆっくり歯列矯正していく治療です。従来のワイヤー矯正で感じていた、機器装着による見栄えの悪さやわずらわしさが無くなる画期的な治療です。取り外しできるという点では、本人の心がけが足りないと治療に時間を要してしまうことと、歯を抜くなど難易度の高い治療では使用が出来ないというのが欠点でしょうか。とりはずしできたり、それでも見栄えが気にならないというアドバンテージは、子供から大人まで全年齢層で効果的です。


最新治療機器は他にもいろいろあり、ワイヤーを使った歯列矯正ではデーモンシステムというものを導入している歯科矯正歯科が増えています。こちらは形状記憶のワイヤーの使用により痛まず、短期間で矯正が終了するといういいこと尽くめの治療器具です。


歯列矯正を始める際には、その医院ではどのような器具を使用することが出来るかきっちり歯科医さんや歯科衛生士さんに聞いてみましょう。

歯列矯正治療

矯正歯科での治療料金:MTMの場合





矯正歯科での歯列矯正などは料金が気になるものですが、気になる箇所が数本の歯のみで程度の軽いものにはMTMという治療法で治療費が比較的低料金で済むことがあります。


MTMとは小矯正や部分矯正と呼ばれるもので、歯列矯正の対象が1本から数本のみの場合にその部分に限定して治療を行う歯科矯正です。矯正歯科においても料金を考えてMTMを望む人は少なくないようですが、歯科側としては咬合も含め総合的に治療するのが良いのは当然なので、見た目と金額を重視して自分からその治療を望むのはあまり良いことでは無いと考えているようです。


矯正歯科などでの治療料金がMTMにおいては安く済ませられるのは、動かす歯1本あたりで料金が決まっているところが多いからです。対象が1,2本であれば通常の矯正の三分の一、四分の一
で済む場合もあります。


費用面で助かるMTMですが、混合歯列期に差しかかるくらいの小さい子供さんの場合は、顎の骨全体の矯正から治療をすることでよい治療結果を目指しますので、MTMはあまり適切ではないでしょう。

歯列矯正治療

歯列矯正の再治療とは





歯列矯正を行ったとき、再治療が必要になる場合があります。子供の頃に矯正器具をつけて治療をしていたが、大人になってから又は並びが悪くなってしまったと言うような例です。それはいったいどんなシチュエーションで起こりうるのでしょうか?


歯科矯正歯科で行う歯列矯正は、ワイヤーの付いた器具を長期間つけて歯並びを徐々に調整していくものです。しかし、実は歯の並びが整ったからそれでお終い!と言うわけには行かないのが矯正治療なのです。


器具を使った矯正は一般に動的治療と呼ばれます。動的治療が終了したとしても、完全に歯並びを定着させるには保定装置を使用して動的治療にかかった時間と同じくらいの間歯並びを維持し続ける必要があります。この治療は動的治療に対して静的治療と呼ばれます。


保定装置は取り外しが出来るものが一般的ですが、ここが問題となります。歯科医や歯科衛生士の指示をきちんと聞かずに保定装置をきちんとしなかったりしていると、せっかく歯列矯正した歯が元の状態に戻ってしまい、再治療にもなりかねないのです。


歯列矯正は最近では矯正歯科というスペシャリストのいる歯医者や、学会から認定された歯科医を公表するなどで専門性が高まっていますが、基本的には矯正専門の資格というのはありませんので、まれな話だとは思いますが昔は静的治療を行わない場合もあったようで、当然そういった場合は再治療のリスクが高くなります。


ちなみに、歯列矯正の再治療は同内容で同一医師にかかる場合は費用面での考慮はままあるようですが、別の病院に行くと1からの矯正と同じ条件になってしまいます。知っておいた方が良いでしょう。

歯列矯正治療

歯列矯正を低料金で行うには





歯列矯正したいけど、懐が心もとない。低料金ですませたいなぁ。」。歯科治療はお金がかかるもの、誰もが一度はこんな風に思うのではないでしょうか。歯列矯正は自由診療ですので、その治療費は言ってしまえば個体差と呼べるものになってしまいます。それでも傾向を見て低料金なところを探す参考には出来るかもしれませんので、少しお話しましょう。


「わかる矯正歯科」というWEBサイトには、歯列矯正の費用が病院のカテゴリーごとに目安で
比較されています。その中で最も低料金なのは国立大学の付属病院です。全国で値段の差異もありませんので、高い治療費を取られることは避けたい!という発想であれば選んで失敗はしない、と言うことになるでしょう。


細かく調べる気力がおありでしたら、開業医のサイトをしらみつぶしに見ていって見ましょう。歯科衛生士などによるブラッシング技術料を取るところ、毎回の調整費を取らないでトータル費用が決まっているところなど様々な料金体系が存在しますので、総額ですごく低料金と言うところも発見できるかも知れません。


料金の話だけではなんですので蛇足の補足をしますと、矯正矯正歯科子供矯正に関しては小児歯科矯正歯科の両方の肩書きを持っているところで見てもらうほうがより専門的な治療を受けられる可能性が高くなります。

歯列矯正治療

料金で変わる!歯科の矯正治療





料金でサービス内容が変わるのが世の中の理です。まったく同じ土台とは言わないですが、歯科における矯正治療も料金によってその内容が変わってくるということがあるのです。


その理由は、実は器具にあります。つまり、器具によって歯科における矯正の料金が変わるということは、料金によって器具のグレードを変えられるという風にも言えるのです。


歯列矯正における矯正器具は、一番スタンダードなもので皆さん一度はご覧になったことがあるであろうワイヤーを使用した歯の表側につける器具があります。こちらを一番低料金として、素材にクリアベースのものを使った矯正器具、歯の裏側からつけて矯正を行うリンガルや3Dと言われる器具の順に料金が上がっていきます。


子供も大人も見栄えが気になるのは人間としていた仕方の無いこと、見栄えを気にすれば料金の高いものを選ぶという図式が矯正治療の現状といえるでしょう。歯科衛生士さんの歯磨き指導などを行っている矯正歯科では通常プラスアルファの料金がかかる場合がありますが、これも言い換えれば料金によってサービスが変わるともいえます。病院を選ぶのは自由です。はじめに予算を設定して、病院を選んでいくというのもひとつのやり方といえるでしょう。

歯列矯正治療

大阪市の矯正歯科で歯列矯正を行ったときの料金





大阪市の歯科矯正歯科歯列矯正を行ったときの料金は、どのようになるでしょうか?非常に限定的ですが、いくつか例を紹介しますので、大阪市での歯列矯正は概ねどのくらいでできるのか?という歯科矯正治療料金の目安にしていただければと思います。


まず、通常の歯科での治療費の例をひとつご紹介しましょう。その歯科での歯列矯正治療は、検査診断料が52500円、矯正治療費が上下とも表側装置で735000円、調整料が2100円から6300円とあります。次に、矯正歯科での治療費の例をひとつ紹介します。こちらは同条件で検査診断料が31500円、矯正治療費は総額で635000円からとなっています。この2例は子供の第T期治療ではなく、永久歯の歯列矯正の料金です。このほかに歯科衛生士によるブラッシングの指導なども別途料金が加算されるところもあります。


この2例で傾向を見ると言うのは早計であるような気もしますが、概ね全国の歯列矯正料金と比べて高い・安いという隔たりは無いようです。値切るのが得意なイメージがある大阪の人も、自分の体のことについては真摯であるのでしょうか?

歯列矯正治療

歯列矯正の最新治療





歯医者さんや矯正歯科さんで行われる歯列矯正は、年々進化を遂げています。そんな歯列矯正の最新治療についてご紹介したいと思います。


最新の矯正装置として注目を集めているのがデーモンシステムです。抜歯のリスクが著しく少なく、治療が短期間になる上弱い力での矯正になるために歯の痛みも少ないという夢のような治療になります。摩擦の少ないブラケットと形状記憶のワイヤーとの組み合わせにより、この理想的な治療を実現しています。


取り外しできる矯正装置での治療も登場しています。それはクリアライナーといわれる透明なマウスピース型の器具を使っての治療で、ワイヤーを使用するものより断然目立たず、金属アレルギーの子供などにも安心して使用できる治療です。歯根の移動を伴わない軽度の矯正が必要な患者さんには今もっとも最適といえます。


医学は本当に日進月歩といえます。そのうち着けていることがさっぱり分からない矯正器具も登場するかもしれません。

歯列矯正治療

歯列矯正の治療例





歯列矯正治療例についてお話します。歯の健康について注目が高い現代社会、子供から大人にいたるまで歯列矯正を行う人は増加しています。歯列矯正治療を行う前に、色々下調べをするとは思いますが、実際のところは歯科医に見てもらわないと細かい症状・治療内容は分からないと言えます。それでもやはり治療例があれば不安が少なくなり、精神的にも懐も心構えが出来るというものです。さて、インターネットなどで歯列矯正治療例や費用の具体例は見られるものでしょうか?


ある矯正歯科歯列矯正治療についての情報を集めたサイトに、治療例とそれに対する費用例が載っているので、少し紹介しましょう。


例えば、成人ででこぼこな歯並びを直す際に歯の表側につける矯正器具を使用して治療した場合は、約2年の通院で1018500円かかる(かかった?)という例が出ています。八重歯を治すために、上側だけ歯の裏側につけるタイプの器具を使用した例で140万と言う数字も載っています。


上記の例では写真は載っていませんが、個々の歯医者さんのHPで写真付きの治療例を紹介しているものも多いので、それを調べて自分なりに整理すれば、治療例のちょっとしたデータベースが作れるでしょう。

歯列矯正治療

歯列矯正で低料金なところは?





歯列矯正矯正歯科にかかるときに、なんといっても気になるのがお金。誰しもできれば低料金であげたいという気持ちはあるでしょう。矯正歯科歯列矯正治療を低料金で行うにはどんなコツがあるでしょうか?


とことん低料金にこだわるなら、まずは歯列矯正の際の矯正器具を、一番シンプルなもので頼むこと。技術が進んだ現在では矯正器具は昔からおなじみの歯の表側につけるもの、その中でもクリアベースで目立たないもの、さらには歯の裏側からつけてほとんど目立たないものが選べるようになっています。クリアベースのものや裏側から取り付けるものは値段が割り増しになりますし、特に裏側からつけるものは表側の器具に比べて治療に要する日数が長くなりますので、診察費(調整費)も多くかかることになります。


そして、後はネットや口コミなどでなるべく安いところを探すといったところでしょうか。歯列矯正は自由診療なので、比較すれば安くやっているところは必ず見つかるはずです。


こうやって書いてきましたが、もしも自分ではなく自分の子供のために矯正歯科を探しているなら、できれば値段だけでなく医師や歯科衛生士の質、設備、アフターケアなども考慮した方が良いと思います。

歯列矯正治療

 小児歯科では歯列矯正が低料金でできるのか?





最近、小児歯科矯正歯科といった専門分野での歯科が増えています。出来れば低料金で治療を行いたいのは皆さん共通の希望であると思いますが、例えば小児歯科では歯列矯正を行う際は、他と比較して低料金で済むでしょうか?実例を挙げて検証してみましょう。



千代田区のある矯正歯科では、大人の歯列矯正で器具は歯の色に近いクリアーブラケットと言うものを使用した場合で、25回通院で約100万円・子供歯列矯正で永久歯の治療が必要なかった場合で、19回通院で約60万円という数字が紹介されています。一方、子供を専門に見る小児歯科での同内容の治療例が載っているホームページを見ると、やはり60万近くかかる旨の説明があります。


歯列矯正は自由診療ですから歯科により値段が変わりますが、大人より子供歯列矯正のほうが値段が安いとは言えますが、小児歯科だから歯列矯正にかかるお金は通常の歯科より低料金だ、と言うことは無いようです。できれば値段に惑わされず、医師や歯科衛生士さんの対応はどうか、設備はどうか、営業時間はどうかなど総合的な部分で判断するほうが後々後悔しないでしょう。

歯列矯正治療

大人の歯列矯正、裏側とは?





大人の歯列矯正は裏側が良いと聞きます。大人になってから歯列矯正を考える人も、最近は多いのではないでしょうか?矯正歯科や審美歯科が多くなってきたので、子供の頃できなかった人が大人になって余裕ができたときに歯列矯正をやってみよう!と言う人が増えてきたのでしょう。それにしても、裏側とはなんでしょう?


さて、大人の歯列矯正で良いとされる「裏側」、決してやましい意味とかではありません。子供の頃歯列矯正をしている同級生などをみると、結構目立っていたように思いませんか?実は、最近では歯の裏側、つまり舌の側から取りつける矯正器具ガあるのです。子供もそうなのですが、大人ではやはり見栄えは気にするものですから、矯正器具剥き出しでは色々問題もあるでしょう。裏側から取りつけるものであればほとんど目立ちませんので、見栄えの点はほぼ問題が無くなります。


この様に良い部分は何にも買えがたいのですが、ネックは費用。表側から取りつける器具の1.5倍ほどするそうです。また、裏側からとりつける器具は表側からのものより治療期間が長くなります。ブラッシングや手入れなども気をつけなければなりませんので、日常のケアについては医師や歯科衛生士に指導をしてもらい根気強くやっていく必要があります。

歯列矯正治療

歯列矯正の料金





例えば子供の将来のために、と考えても歯列矯正はかなり高い投資になります。ここではその料金についてすこしお話をしてみたいと思います。


ある矯正歯科を例に挙げてみましょう。歯列矯正用の器具を表側・金属タイプにしたときの総額は、80万から100万と出ています。器具を透明のものにしたり、裏側タイプにしたりすれば値段はさらに上がります。総額には定期的に歯科に行き、医師や歯科衛生士にチェックや指導をしてもらう分も含まれています。大人の方が歯列矯正にかかる期間が長い分、料金は子供より器具含めどうしても割高になるようです。


こういった高い料金の治療では、分割払いを行う歯科も多いようで、さらに言えば一括で支払ってやむにやまれず途中で病院を変えた場合など、まずお金は戻ってこないようですので、ことさら分割がありがたがられるようです。


子供のうちに歯列矯正を始めれば料金は割安で様々な弊害を最小限のリスクに抑えることが出来ます。お子さんの歯並びが気になる親御さんは、早いうちの治療を検討することをお勧めします。

歯列矯正治療

矯正で歯科にかかったときの料金は?





歯列矯正歯科にかかるときの料金をご存知ですか?この料金を知っていると知らないでは心構えが違います。少し紹介したいと思います。


歯の矯正歯科医が料金を設定できる自由診療の部類ですが、おおまかな目安はあります。一番安価な国立の大学病院でも、歯の表側に取り付けるポピュラーな器具を利用する治療で70から80万はかかるようです。矯正歯科などでは基本料金プラス調整料を一回の診察ごとに取る場合があり、総額は100万を超えてくるようです。器具によっても値段は変わります。上下とも表からつけるタイプにする場合、上の歯だけ裏からつける器具を使用する場合、上下とも裏からつけるタイプの順に値段は上がっていきます。裏からつけるタイプの方が総じて治療に要する時間が長くなるため、トータルでの料金はさらに上がります。大人は子供に比べると治療に要する時間がやはり長くなるため、同様に総合的な治療費はかかります。


歯列矯正に関しては、かかる歯科によっては料金をローンで払うことが出来るところもあるようです。歯科医師や歯科衛生士さんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

歯列矯正治療

子供の歯列矯正





子供歯列矯正を考えて良い歯科を探している親御さんも多くいらっしゃることでしょう。さて、歯科探しのその前に気になるのが子供が何歳になったら歯列矯正をしに行くのが良いのかということです。実は、それについては専門家の間でも意見が分かれているようなのです。


子供の歯がすべて乳歯の段階では歯列矯正は行われません。子供が嫌がる可能性も高いそうです。永久歯が生え始めた辺りからが「可能」な年齢のようですが、中には永久歯が生えそろうまで絶対歯列矯正してはいけないと唱える人もいるようです。乳歯の時期には歯列矯正よりはむしろ骨格矯正に重きが置かれ、治療成果次第では歯列矯正の必要が無くなる場合もあるようです。


このように子供歯列矯正は時期が難しいのですが、もちろん個人差も大きい部分ですので気になるならまずは歯科にかかってみるのが良いでしょう。矯正についてだけでなく、日常の歯のケアなどについても先生や歯科衛生士さんからアドバイスがもらえます。

歯列矯正治療

歯科での矯正料金





歯科にいき、矯正治療を行おうと思ったら料金を聞いてびっくりした!!そんなことの無いように、ここでは歯科で行う歯列矯正の料金について説明をしたいと思います。


歯列矯正に関しては自由診療で医師が値段を設定できるため、細かくはその歯科によりまちまちになっているというのが正しいですが、最低でも70〜80万円はかかるようです。矯正歯科などでは基本料金プラス調整料を一回の診察ごとに取る場合があり、このケースでは当然子供より大人の方が治療が長引く分総額が高くなります。また、器具によっても当然値段が変わり
上下とも歯の裏側につける目立たない器具だと表につける器具の1.5倍ほどの値段になるようです。


歯科によってはこの歯列矯正の料金に関しては分割払いが出来るところが多いようです。また、医療費控除の対象になることも忘れずに覚えておきましょう。


気になる点は歯科医師や歯科衛生士さんに問い合わせてみるのもよいでしょう。

歯列矯正治療

子供のうちから歯科で矯正





最近は子供のうちから、歯科歯列矯正を行うことの大切さがクローズアップされているようです。歯並びの悪さからくる弊害は、子供のうちに治療を行えば当然最小限に防げます。しかし、永久歯が生える前の子供でも歯科矯正治療にかかることは大きな意味を持ちます。


永久歯が生える前の子供への歯列矯正はタイミングが難しいところで、専門家の間でも意見が分かれているようです。しかし、乳歯の段階でもできる治療はあります。永久歯が生える前にあごを広げて生えてくるスペースを確保したり、不正咬合などを修正しながら骨の成長をしていったりすることです。これにより大人になってからは非常に直しづらい噛み合わせや骨そのものの不整合が治療できます。また、その治療によって永久歯がうまく生えれば歯列矯正自体を必要としない歯並びに成長してくれることもあるようです。


心配なかたは子供さんを連れて歯科へいって矯正について問い合わせてみましょう。お医者さんや歯科衛生士さんがきっと親切に教えてくれるはずです。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。