アクトレス矯正ほか、審美歯科のQ&Aでお悩みすっきり。無料相談、予約受付

現代社会と歯科について

歯科衛生士専門学校の教員の給与





歯科衛生士専門学校の教員の給与は、いくらぐらいが相場なのでしょうか?歯科衛生士を目指す人にとって、歯科衛生士になるという夢はもちろんですが、もっと重要なのは歯科衛生士としてどこで働くのか?では無いでしょうか。近年、歯科衛生士の活躍の場は広がっています。その中で自分の学び、経験してきたことを踏まえて未来の歯科衛生士を育てる歯科衛生士の専門学校の教員になるのもひとつの道です。そこで気になるのは給与です。歯列矯正治療のお手伝いをする矯正歯科での勤務、保健施設で子供やお年寄りに口腔衛生の指導をする仕事、そういったものと比べてどのようなものでしょうか?


歯科での歯科衛生士募集に関しては比較的条件が具体的なところが多いのですが、歯科衛生士専門学校などの教員募集では「規定による」の表現が目立ちます。実際の勤務経験を必要とするところが多いですから、経験年数に応じるという部分で具体的な表現がしにくいというのが理由のひとつだと思います。具体的に載っているところを見ると、歯科での歯科衛生士の募集と差はないように見られます。それぞれ違った質の苦労や責任がありますから比較は難しいところです。


現代社会と歯科について

歯科衛生士の専門学校の選任教員について





歯科衛生士専門学校の専任教員についてお話したいと思います。歯科衛生士は近年活動の場が広がり、子供から大人まであらゆる層の口腔の健康を担うスペシャリストとして様々な場所で働くことが出来ます。矯正歯科歯列矯正治療のお手伝いをしたり、高齢者施設でお年寄りの口腔の健康のために実際の処置や指導をおこなったり、いろんなフィールドがあります。そんななかで選択肢の一つに挙げられるのが歯科衛生士の専門学校などの専任教員です。


歯科衛生士の専門学校などの専任教員になるには、ほぼ100%歯科衛生士の資格が必要です。また、実際歯科衛生士として従事した経験も問われます。基本的には個々の学校で募集を行っているので、学校のHPなどを見て情報を集める必要があります。


歯科衛生士の専門学校等の養成校は、平成23年にはすべて3年制に移行します。それに伴い専任教員の増員は必須ですから、これから専任教員は募集が増えていくと予想されます。

現代社会と歯科について

歯科衛生士専門学校のカリキュラム





歯科衛生士の専門学校は、その学校により独自のカリキュラムで授業を行っています。そのカリキュラムを、実際の学校を例示してご紹介したいと思います。


大阪のある歯科医師専門学校のカリキュラムをみてみましょう。こちらのカリキュラムは大きく基礎分野・専門基礎分野・専門分野・選択必修分野に分かれています。基礎分野は自然科学や外国語などの一般教養的な学習です。専門基礎分野では解剖学・病理学・口腔衛生学などの医学・歯学の基礎を学びます。一番重要なのが専門分野で、歯科衛生士の仕事の大きな柱である歯科予防処置や、歯列矯正矯正の概要を教わる矯正歯科学、実際に治療・指導の現場で実習を行う臨床臨地実習などがあります。選択必修分野はプラスアルファの部分として、コミュニケーション技法やコンピュータ、訪問介護などを選択して学びます。


基礎や専門のほかの部分で各校の特色が色濃く出ますが、近年多いのは訪問介護に関する授業です。ヘルパーの資格が取れる学校もあります。歯科衛生士子供から大人まで世代を問わない口腔ケアのスペシャリストとしてニーズの高まっている職種ですので、進路選択の幅も入った学校のカリキュラムによっては大きく広がる可能性があります。歯科衛生士専門学校を選ぶ際には、独自のカリキュラムに着目することをおすすめいたします。

現代社会と歯科について

夜間部のある歯科衛生士の専門学校





夜間に歯科衛生士の専門学校に通い、歯科衛生士の資格を得たいと思う方は少なくないと思います。これからの時代にニーズが増すことが予想される歯科衛生士は、安定した女性専門の職業として注目を集めています。その中で、歯科助手でスタートして歯科衛生士の資格を取りたいと思い立つ人、子供を持つ親御さんなど、どうしても夜間でなければ歯科衛生士の専門学校に行き、勉強をすることが出来ないという人もいるのです。


夜間部を設置している歯科衛生士専門学校は非常に少ないというのが現状ですが、ここでは東京と大阪一校ずつ、夜間でも通える歯科衛生士の専門学校をご紹介します。


東京では、日本医歯薬専門学校の歯科衛生士科に、夜間部があります。夜間部の開講からも分かるとおりこの学校では社会人の在学を応援しており、社会人・既卒者の特待生制度も導入しています。


大阪では、新大阪歯科衛生士専門学校が夜間部を設けています。昼間の働き口を学校が斡旋してくれる「インターン・スカラシップ制度」を導入しているのが大きな特徴です。

現代社会と歯科について

歯科で歯列矯正を行う際の料金:埼玉では





歯科歯列矯正を行う時、気になるのがやはり料金でしょう。例えば、埼玉県では歯科歯列矯正治療を行う際に料金はいくらくらいかかるものなのでしょうか?


参考にするために「治療費.com」というサイトを見てみましょう。こちらでは分かっている部分での歯科における歯列矯正の料金を、埼玉県に限定してリストアップしてみることが出来ます。子供や成人の場合の矯正が、カテゴリーごとに見られます。


上記のサイトで埼玉県の成人矯正で最も料金が安く出ているもので、42万円からというところがあります。これは歯列矯正の値段としてはかなり安い部類に入るのですが、ホームページを見ると、確かにその値段で出ています。ホームページを見る限りではしっかりしたところであるという安心感はありますが、スタッフの中に歯科衛生士さんがいないのが少し気になる点でしょうか。


70万円以上かかるという表記のところでは、保健外の診療では5年間保障をつけたり、アクアシステム・デーモンシステムなど最新治療にも対応しているなど、一味違うという印象を受けます。なんにせよここでの紹介はごく一部に過ぎませんので、目安としてお考えいただければと思います。

現代社会と歯科について

広島での歯列矯正の料金





医者にかかる際、保健の対象になる治療に関しては治療費が決められているのはご存知かと思います。さて、それでは値段の決められていない歯列矯正ではどうでしょう?この項では広島で歯列矯正を行った場合の料金と、近しい大都市である大阪の同じ条件での歯列矯正の料金を比べてみようと思います。


広島の歯列矯正と大阪の歯列矯正の料金、どうやって比べたらよいでしょう?ここでは「治療費.com」というサイトでその違いを見比べてみたいと思います。子供と大人では治療費に差がありますので、ここでは成人の歯列矯正に限って比較をすると、広島の歯科医院では50万から60万からが相場のようです。対して、大阪では50万を底に90万円までかかるところも紹介されています。


表示金額だけのデータでは広島の方が歯列矯正に関しては割安という結論になりますが、大阪が比較的高額であるという結果は病院が集まりやすい分最新の治療を行っている病院も多く、その結果設備や治療器具の値段が高くついているからという捕らえ方も出来ます。


安いにも高いにもそれなりの理由はあります。お医者さんの評判や歯科助手ではなく歯科衛生士さんが歯を触っているか、待たされることはないかなど、総合的な情報も集めた上で吟味するのが本当は正確な比較になるのですが、もう一歩踏み込んだ比較に関しては皆様でやっていただくということでご勘弁下さい。

現代社会と歯科について

 低料金の矯正歯科





低料金で矯正歯科にかかりたいと思っている方は、多いはずです。近年、歯の健康に注目が集まり、子供も大人も歯列矯正をする人が増えていると聞きます。その中でも、出来れば専門医がいる矯正歯科にかかるほうが良いと考えるのは自然です。しかし、そこでネックとなるのはやはり費用です。低料金とは言っても歯列矯正歯科で行うには、何十万単位でのまとまったお金が必要です。それでも、一円でも安い矯正歯科を知りたい人のために、参考になるサイトをご紹介します。


インターネットのサイトに、「治療費.com」というものがあります。治療項目ごとに全国の医院の治療費を一覧で紹介しているサイトで、決して「安いが一番」と謳っているわけではありませんが、構成はかの有名な「価格.com」をイメージしていただければ分かりやすいと思います。歯列矯正についての費用も確認することが出来、1歯・小児矯正・成人矯正・舌側矯正と、細かい区分ごとで費用を見ることが出来ます。地域ごとに分かれているので、まずは最寄りで低料金の矯正歯科を探し、次に少し範囲を広げて見てみる、ということが可能です。


注意したいのが、まずは最低金額で表示してあること。歯列矯正治療は人によって内容がかなり異なりますので、これ!という絶対的な数値はだせないのです。また、これは値段を並べただけのサイトなので、細かい内容は各自で調べてみる必要があります。歯科医師さんや歯科衛生士さんの技術・対応、設備の問題、診察時間など大事なポイントはたくさんあります。


値段にだけ注目しすぎず、総合的に見ることも忘れずに。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。